偏頭痛の薬について、薬の種類、飲み方、購入方法などを紹介します

特集:子供の頭痛

小児の一次性頭痛は、偏頭痛と緊張型頭痛が主です。世界各国の統計基盤の調査において、小児の偏頭痛の割り合いは3.8~13.5%、学校基盤の調査では、1.7~21.3%となっています。緊張型頭痛は、世界各国の統計基盤の調査では17.4%、学校基盤の調査では0.7~27.6%です。

また、日本人の小児における偏頭痛の有病率は、中学生で4.8%、男性3.3%、女性6.5%、高校生は15.6%、男性13.7%、女性17.5%となっています。緊張型頭痛の有病率に関しては、高校生が26.8%、男性23.0%、女性30.6%というデータがあります。

ここでは、子供の頭痛が大人の頭痛とどのように異なるのかまとめています。

子供が頭痛になる原因

頭痛には、原因がはっきりしていない一次性頭痛と、原因が明らかで特定の病気に伴う二次性頭痛があります。

一次性頭痛

子供は、大人と同じく偏頭痛や緊張型頭痛などの一次性頭痛を起こすことがあります。特に、緊張型頭痛は偏頭痛よりも多くの子供が悩んでいるというデータがあります。

偏頭痛・片頭痛
偏頭痛は、拡張した血管が周りの神経を刺激することで起こります。生活習慣の乱れやアルコールの過剰摂取、緊張状態からの解放などが要因になると考えられています。日本人の小児における偏頭痛の有病率は、中学生で4.8%、男性3.3%、女性6.5%で、高校生の場合においては15.6%、男性13.7%、女性17.5%となっています。このことから、高校生にもなると、10人に1人以上の割合で偏頭痛に悩むようになることがわかります。
偏頭痛に関して詳しくは、02「頭痛の種類と原因」をご参照ください。
緊張型頭痛
緊張型頭痛は、肩や首のこりなどが原因で起こります。学生生活でストレスを抱えたり、普段の姿勢が悪かったりすることが誘因になる可能性があります。緊張型頭痛に悩まされている子供の数は、世界各国の統計基盤の調査によると17.4%、学校基盤による調査では0.7~27.6%となっています。
緊張型頭痛に関して詳しくは、02「頭痛の種類と原因」をご参照ください。

二次性頭痛

二次性頭痛は、感染症や頭部の外傷などが原因で起こる頭痛です。
詳しくは、02「頭痛の種類と原因」をご参照ください。

感染症頭痛
風邪や副鼻腔炎が原因となる場合があります。このような場合は、発熱や鼻づまり、黄色い鼻水、咳などの症状が現れることがあります。
頭部外傷
頭部に外傷を負ったことによって頭痛が現れている場合は、出血やこぶなどが認められます。
ほか
髄膜炎や脳炎、脳出血などでも頭痛が起こることがあります。このような場合には、激しい頭痛を訴えたり、他にも症状が現れることが多いです。しかし、頭痛しか現れないこともあるため、安易な判断は禁物です。

子供が頭痛薬を使うときの注意点

子供に頭痛薬を使用する場合は、大人と同じように使用してはいけません。量はもちろんのこと、子供が服用できない薬もあるので注意しましょう。

頭痛薬の成分

子供の頭痛に対しては、アセトアミノフェンとイブプロフェンを含む薬を使用することが一般的です。これら以外の成分を一緒に含む複合処方のものもありますが、単一処方の薬が推奨されています。

使ってはいけない薬
子供に使用してはいけない成分は、アスピリンです。アスピリンは大人の鎮痛剤に含まれていることが多い成分で、子供が服用すると嘔吐や意識障害などの副作用が起こる可能性があります。また、ウイルス性の感染症の子供にアスピリンを使用すると、激しい嘔吐やけいれん、意識障害をともなうライ症候群を起こし、最悪の場合は、死に至るケースもあります。また、アスピリン喘息を引き起こすこともあります。

詳しくは、07「頭痛薬の使用においての注意点」をご参照ください。

頭痛薬の量

子供は大人よりも身体が小さいため、大人と同じ量を使用すると、成分の血中濃度が高くなりすぎる可能性があります。薬によって使用量が異なるので、よく確認したうえで使用しましょう。

頭痛薬を使うタイミング

頭痛薬は、症状が強く現れている場合にのみ使用しましょう。子供に使用する頭痛薬には解熱作用があるため、6~8時間など定期的に使用することで発熱や頭痛の有無がわかりにくくなることがあります。それにより、受診のタイミングが遅れることがあるため、無暗に使用しないことが大切です。

薬物乱用頭痛

鎮痛剤の服用を長期間にわたって続けると、薬の効果が低下してしまいます。また、薬物乱用頭痛という薬物の使い過ぎによる頭痛が起こる可能性もあります。

まとめ

子供が頭痛を訴えた場合は、安易に薬を使用せず、まずは受診しましょう。偏頭痛や緊張型頭痛、感染症や頭部外傷にともなう頭痛などがあるため、まずは原因を突き止めることが大切です。

目次

PAGE TOP