偏頭痛の原因、治療法、対策などあらゆる情報を発信しています。

偏頭痛の市販薬:分類・成分

市販薬は、その名のとおり市販されている薬のことです。第1類医薬品や指定第2類医薬品などに分類されており、それぞれ特徴が異なります。ここでは、偏頭痛の市販薬の成分について解説します。

第1類医薬品

第1類医薬品は、購入時に薬剤師による説明を受ける必要があります。偏頭痛には、解熱鎮痛薬のロキソニンSやロキソプロフェン、ハリー解熱鎮痛薬Lなどが適用できます。これらの市販薬には、鎮痛解熱成分のロキソプロフェンが含まれており、他の市販薬と比べて高い効果が期待できます。数年前までは処方薬であったことから、その効果の高さが伺えます。

ロキソニン
プロピオン酸系の消炎鎮痛剤で、プロドラッグに該当します。プロドラッグとは、目標部位に到達してから効果を発揮するように作られた薬のことです。体内に入ると、すみやかにtrans-OH型へと変換され、熱や炎症を引き起こすプロスタグランジンの合成を抑えます。それにより、解熱や鎮痛、炎症を鎮める、腫れを抑えるなどの効果が現れます。一般的に現れることがある副作用は、吐き気や消化不良、消化器出血・潰瘍、下痢といった消化器症状、肝臓酵素増大やふらつき、高血圧、塩分が体内に留まることにより起こる体液停留など様々です。

指定第2類医薬品

レジで店員に買い求めることで購入できます。指定第2類医薬品に該当する解熱鎮痛薬は、主成分で大きく4つに分類されます。それぞれはイブプロフェン、アスピリン、アセトアミノフェン、イソプロピルアンチピリンです。

イブプロフェン
商品例としてはナロンエースやフェリア、EVE A、リングルアイビーなどがあります。プロピオン酸系の非ステロイド系炎症鎮痛剤で、炎症を起こしている部位の痛みを和らげたり、偏頭痛だけではなく関節炎や生理痛、発熱などの症状を抑えたりする作用もあります。ただし、次のような場合は使用できません。
  • 鎮痛薬や解熱薬の服用によって喘息を起こしたことがある
  • 消化性潰瘍がある
  • 重度の肝臓病や心臓病がある
  • 妊娠後期
また、高齢者に対しては慎重に使用する必要があります。
アスピリン
商品例としては、バファリンやアスピリン、ケロリン、アスピリン、バファリンAなどです。非ステロイド性抗炎症薬の中でも代表的な医薬品で、消炎や鎮痛、解熱作用に加え、抗血小板作用も持ちます。副作用は、吐き気や消化不良、消化器出血・潰瘍、下痢、ふらつき、肝臓酵素増大、塩分が身体に溜まることにともなう体液停留、高血圧などです。また、インフルエンザや水痘、風邪の小児が使用すると、肝機能障害をともなう重篤な脳障害を起こすライ症候群を発症することがあるため、小児への服用は避ける必要があります。
アセトアミノフェン
商品例としては、ノーシンや大正トンプク、タイレノール、タイレノールA、ラックルなどです。悪寒や軽い発熱、頭痛などの症状を和らげる解熱剤や鎮痛剤の主成分の一つです。アスピリンやイブプロフェンなどとは違い、非ステロイド性抗炎症薬ではないため、抗炎症作用をほとんど持ちません。インフルエンザには、解熱剤を使用してはならないとされていますが、アセトアミノフェンを主成分とする解熱剤は安全性が高いため、しばしば使用されることがあります。
イソプロピルアンチピリン
商品例としては、サリドンAやリングルAP、セデスハイ、セデスハイ、サリドンAなどです。本来は処方薬にのみ使用されていましたが、現在は市販薬にも転用されています。このように処方薬から市販薬に転用することをスイッチOTCといいます。アスピリンやイブプロフェンと同じく、痛みを引き起こすプロスタグランジンの生産を抑えることで解熱・鎮痛します。
もともとは処方薬で使用されている成分であるため、他の市販薬と比べて高い効果を期待できます。また、複数の解熱・鎮痛成分と配合することで、より高い効果が期待できます。そのため、イブプロフェンやアセトアミノフェンとともに配合されていることがあります。
重篤な副作用があるため、製造販売が禁止されている国もありますが、日本をはじめとしたイタリアやドイツ、スペイン、インドやパキスタン、インドネシア、南米などでは使用されています。

複合処方

アセトアミノフェンは、単一処方と複合処方があります。単一処方は、アセトアミノフェンだけを使用することを指します。アセトアミノフェンだけを含む医薬品には、タイレノールAやラックルなどがあります。比較的穏やかな解熱鎮痛効果が現れるため、軽い頭痛などの痛みの症状に適しています。

眠気を誘う成分は含まれていないので、車の運転や仕事などの関係で薬を飲めない人にもおすすめです。また、胃への負担が少ないため、空腹時にも飲めるというメリットもあります。ただし、痛みにともない、炎症を起こしている場合には、高い効果が期待できません。このような場合には、他の成分を加える複合処方が適しています。

AAC処方
AAC処方は、アセトアミノフェン(Acetaminophen)とアスピリン(Aspirin)、カフェイン(caffeine)を含む薬を処方することです。それぞれの成分名の頭文字をとってAAC処方と呼ばれています。カフェインには、脳血管を収縮させる作用があるため、血流量が減少して痛みを和らげることができます。また、中枢興奮作用があり、頭痛や集中力の低下、倦怠感などを和らげる働きもあります。
ACE処方の薬と比べると、胃腸障害が出やすいといわれているため、状態に合わせて処方します。AAC処方の薬には、バファリンプラスSやエキセドリンA錠などがあります。
ACE処方
ACE処方は、アセトアミノフェン(Acetaminophen)とカフェイン(caffeine)、エテンザミド(Ethenzamide)を含む薬を処方することです。エテンザミドは明日ピイリンと同等の作用がありますが、胃への副作用が比較的軽いといわれています。ACE処方の薬には、ノーシン、ノーシンホワイト、サリドンエース、ハッキリエースa、ナロン錠、新セデス錠などがあります。

まとめ

市販薬によって配合されている成分が異なります。1つの成分が配合されているものと複数の成分が配合されているものでは、特徴が異なります。自分に合った市販薬を選びましょう。

目次

PAGE TOP